CR闘牌伝説アカギ狂気編攻略法2 − 台選びはスルー調整に注意!

スポンサードリンク
CR闘牌伝説アカギ狂気編もデジパチの一種である以上、他の同系の機種と同じようにデジタル画面を回すスタートチャッカーに球が入りやすいことを最優先とした台選びをするのが当然のこと。攻略しようにも、攻略の開始点となるデジタル画面の回りが悪くてはどうしようもありません。

そこで台選びに是非活用したいのが、機種の損益分岐点を示す”ボーダーライン”。1000円の投資に対して収支0でみた場合のデジタル画面回転数、つまりスタートチャッカーへ入る球の数を示したボーダーラインは、パチンコ台を選択する最も明確な基準と言うことができます。

過去、「なんとなくこの台が出そう。」といった感覚だけで台選びをしてきた人がこの基準で台選びをすれば、それだけで勝てる可能性が大幅に拡大するわけですから、利用しない手はありませんよね。そのボーダーライン、CR闘牌伝説アカギ狂気編では次のようになっています。

【CR闘牌伝説アカギ狂気編 ボーダーライン ※時間無制限の場合】

換金率:2.5円 → 回転数:23回
換金率:3.0円 → 回転数:21回
換金率:3.5円 → 回転数:20回
換金率:4.0円 → 回転数:17.6回

またもうひとつ台選びの基準としたいのがスルーチャッカーで、ここの調整が悪いと球持ちが悪くなってしまうので要注意。一般的な機種とは異なり盤面の下部にあるため見逃しがちですが、攻略を一助として重要な意味を持つので、見落とさないようにしたいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。