CR闘牌伝説アカギ狂気編攻略法2 − 台選びはスルー調整に注意!

スポンサードリンク
CR闘牌伝説アカギ狂気編もデジパチの一種である以上、他の同系の機種と同じようにデジタル画面を回すスタートチャッカーに球が入りやすいことを最優先とした台選びをするのが当然のこと。攻略しようにも、攻略の開始点となるデジタル画面の回りが悪くてはどうしようもありません。

そこで台選びに是非活用したいのが、機種の損益分岐点を示す”ボーダーライン”。1000円の投資に対して収支0でみた場合のデジタル画面回転数、つまりスタートチャッカーへ入る球の数を示したボーダーラインは、パチンコ台を選択する最も明確な基準と言うことができます。

過去、「なんとなくこの台が出そう。」といった感覚だけで台選びをしてきた人がこの基準で台選びをすれば、それだけで勝てる可能性が大幅に拡大するわけですから、利用しない手はありませんよね。そのボーダーライン、CR闘牌伝説アカギ狂気編では次のようになっています。

【CR闘牌伝説アカギ狂気編 ボーダーライン ※時間無制限の場合】

換金率:2.5円 → 回転数:23回
換金率:3.0円 → 回転数:21回
換金率:3.5円 → 回転数:20回
換金率:4.0円 → 回転数:17.6回

またもうひとつ台選びの基準としたいのがスルーチャッカーで、ここの調整が悪いと球持ちが悪くなってしまうので要注意。一般的な機種とは異なり盤面の下部にあるため見逃しがちですが、攻略を一助として重要な意味を持つので、見落とさないようにしたいものです。

CR闘牌伝説アカギ狂気編攻略法1 − 事前の布石がツキを呼ぶ!

スポンサードリンク
攻略を進めるにつれ、その布石として活きてくるのが事前の攻略想定。この想定には様々な方法があり、人によってその拠所も異なるわけですが、その内、最も基本的な拠所になる情報であり簡便に利用できるのは、やはりメーカーが公表する機種のスペックということになります。

ですから、賞球数はどうなっているのか?、大当り確率はどの程度なのか?、確率突入率は?、ラウンド数やカウント数は?、時短の回数は?といった各項目(下記参照)を先ず押え、そこから初期想定をすることが攻略の第一歩になると言っても過言ではないでしょう。

【CR闘牌伝説アカギ狂気編 スペック】

賞球数:3&10&13
大当たり確率:低確率時1/398.5 高確率時1/39.85
確変突入率:82%
ラウンド数:15ラウンド
カウント数:9カウント
時短:全ての大当たり終了後100回転

例えばこのスペックから、低確率時大当たり確率が辛めなものの82%の確変突入率とカウント数を考慮すると、初回当たりにさえ気を使えば後は比較的楽な展開が期待できるということが分かりますが、そういったことが読めるだけでも、自分なりの攻略想定をすることが可能ですよね。

こういった想定がないと、見極めのタイミングを間違えてチャンスを逃す可能性が高くなってしまうので、事前の想定をできるだけしっかりとしておくことが大切になるわけです。そして想定ができたら、次は実際のホールでより効率的な台選びをすることがポイントになってきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。